こんにちは。

 

少し前に「「英文を速く読むには」」
という記事を書かせてもらいました。

 

英語は日本語と違い、

語順に絶対のルールが存在する言語」であり、

 

重要な情報に後ろからどんどん情報を

付加していく構造になっているため、

 

文をまとまりごとに区切り、

 

前のまとまりの内容を意識しながら、

後ろのまとまりの内容をつなげていくことが、

 

英文を速く読むためのコツであるとお話しました。

 

 

中学生まではある程度、文をザックリと

まとまりごとに捉えられれば

読めない文はないと思います。

 

(少なくとも長野市内の中学校の定期テスト、

高校入試では必要最低限の語彙力と文法力があれば

読めない文章はありません)

 

 

しかし、

高校生になると話は別です。

 

必要とされる語彙力、文法力ともに一気に多く、深くなり、

また熟語や構文の知識、さらには国語的な読解力がなければ、

学年が上がるに連れて文を読み解くのは難しくなっていきます。

 

 

今回は長文読解に不安のある生徒、

もしくは長文を読むのが遅い生徒達に対し、

 

私が実際にアドバイスしていることを、

私なりの考えを添えて書いていきたいと思います。

 

 

ですがまずその前に、

「長文問題」に取り組むに当たっての

大前提から話します。

 

 

高校生で「長文読解が苦手」とする子は

まず次の2つを集中的に勉強して下さい。

 

それは、「語彙」「文型」です。

 

「語彙」については当然ですよね。

 

私も韓国語の文章は読めません。

なぜなら1つも「語彙」を知らないから。

 

恐らく「韓国語単語集」などを購入し、

1000語くらい頑張って覚えれば

絵本くらいは何となく読めるように

なるかもしれません(-_-メ)絶対やらないが

 

 

「英単語が覚えられなくて・・・」

 

それはハッキリ言って英語の勉強の

スタートラインにすら立ってないんです。

 

言語を学ぶのであれば

まずは「語彙」を徹底的に増やして下さい。

 

その際、私がこれまでに述べてきたような

「コアイメージ」など、もはや関係ありません。

 

とにかくまずは死ぬ気で暗記して下さい。

 

人生と一緒です。

 

意味はあとから付け足せばいいんです。

 

まずは単語を覚える。

 

 

次に、「文型」

 

先ほども述べたように、

中学生までは「文型」の知識がなくとも

習った文法を活かし、

文を繋げていけばほとんどの文は読めます。

 

なぜならそこまで複雑な文構造の問題は出ないからです。

 

しかし、

高校生になり、

内容が複雑になるにつれて

英文の構造も複雑になっていきます。

 

そうなると、個々の単語の意味は分かるんだけど、

 

「どうやって訳すの?( ;∀;)」

 

とか、

 

「自分で訳したものが自分でもよく分からない( ;∀;)」

 

といった壁に当たります。

 

それは文の構造、

すなわち「文型」を見抜けていないからです。

 

「語順が絶対のルール」である英語の文は、

「文型」の知識が曖昧だと途端に読めなくなるんですね。

 

なので、「C(補語)って何?」、

「O(目的語)って何?」という子は

まずはネットでも書店でも行って参考書を買い、

「文型」の基本要素、基本構造を学習して下さい。

 

 

そしてこれは4月から

高校生になる子達へのアドバイス( `ー´)ノ

 

恐らくたいていの高校のカリキュラムでは、

高1の英語学習はこの「文型」からスタートします。

 

「文型」は地味な学習単元なので、退屈に感じたり

その学習意義を感じられなくなるかもしれませんが、

 

「文型」はそれだけで独立した学習単元でなく、

その後の英語学習におけるすべての基礎土台知識です。

 

この基礎が不安定なまま

「時制」や「準動詞」や「仮定法」など

新たな文法単元を学習したとしても、

 

それは5歳児がもつお盆の上に

パフェやらステーキやらジュースやらを

次々に乗せていくのと同じです。

 

必ずどこかで前に進むことが出来なくなります。

 

始めに「文型」を学習したら、

それ以降の学習単元についても

常に「文型」を意識しながら取り組んでいってください。

 

 

さあ、ではここからは、

 

「文型」の基本知識は身についている子向けのアドバイスに入ります。

 

私はよく、高校生の生徒たちに、

 

長文は解いたら解きっ放しではなく、

必ず解説を熟読し、

日本語訳と1文1文照らし合わせた後、

スラスラと内容が頭に入るまで何度も音読するように

 

と伝えます。

 

1度読んだだけではその内容のみならず、

 

文構造を完璧に理解出来ないからです。

 

 

よく「速読のためのテクニック」や

「多読のすすめ」などの本がありますが、

 

私的には(@_@)???です。

 

 

速読の練習に入る前に、

 

自分で文構造を分解し、

 

理解する作業、すなわち、

 

精読出来ることが大前提です。

 

 

私は英文1つ1つを読解する作業は、

自動車を組み立てる作業、

もしくは分解する作業だと思っているんですね。

 

自動車には様々な部品が必要です。

タイヤやそれを支えるホイール、シャフト、

またエンジンや、バッテリー、もちろんハンドルや椅子など、

 

多くの部品が組み合わさって一つの完成品となっています。

 

 

例えば、

皆さんが最初に学ぶ「単語」「各部品の名前」です。

 

その部品は単独で使うことはなく、

必ず他の部品と組み合わせますよね。

 

組み合わせる際はくっつけて良いもの

とくっつけちゃいけないものがありますよね。

それが「文型」、すなわち「語順」です。

 

また組み合わせる際に、

少し形を変えて「~ing」にしたり「過去分詞」にしたり、

「be動詞」や「助動詞」と組み合わせて

新たな「機能(意味)」を作ります。

それが「文法」です。

 

そしてその組み合わせた部品は

装着する場所が決まっているものもあります。

それが「構文」です。

 

これらを、あるべき位置に

それぞれを組み合わせることによって、

自動車(1文)が完成するわけです。

 

 

皆さんはその自動車を外から眺めることは出来ますが、

もちろん構造を把握しているわけありませんよね。

 

皆さんは自分のことを

「見習い自動車整備士」だと思ってください

(゚д゚)!え

 

見習い期間中、

まずは自動車構造についてのマニュアルなどを読み、

実際に自動車をイジって経験を積んでいきますよね。

 

その時、

 

う~ん、この車の構造はよく分からんから

ちょっと別のでやってみよ(´-ω-`)

 

ってなります?

 

その最初の1台が分解出来なかったら

次の1台も分解出来るわけがないんです。

 

 

「長文問題の勉強」とは問題を解くことではないんです。

 

1つの長文を徹底的に分解し、

自分の中に落とし込んで初めて、

「その長文に取り組み終わった」と言えるんです。

 

私は受験時代、長文読解に苦戦していた頃、

長文問題が解き終わったら、

文中の全ての文型分解と、

さらに1語1語の品詞分解をやってた時期がありました。

 

死ぬほど時間がかかるんであまりおススメはしません笑

 

 

なので、

 

「ある程度の文は読めるようになったけど

このレベルの大学の問題になると読めない・・・」

 

と課題を抱えている子は、

 

例えば「英語長文ハイパートレーニング」シリーズなどは

 

解説ですでに1文1文文構造を分解してくれています。

 

また音読練習用のCDまで付いています。

 

そういった自分のレベルに合う参考書を買い、

 

自分でそのように文を分解出来るようになるまで

解説と睨めっこをしながら

徹底的にその作業を行ってください。

 

まずは1台の自動車と向き合うんです。

 

2台、3台と根気よく向き合っているうちに、

10台目くらいからは、

それまでに身に付けた経験値と技術により、

きっと劇的に負担は減っていくと思います。

 

分解して、納得いくまで音読して、分解して・・・

 

この作業をやっていれば

自然と英文を読むのは速くなります。

 

努力は正しい方向へその力を向ければ必ず報われます。

 

正しい方向へ」です(-_-メ)キリ

 

 

あ、中学生も一緒ですよ。

 

特に中3の総合テストからは長文の量が圧倒的に増えます。

 

今書いたような細かい分解作業はまだ要りませんが、

 

解いた長文は解きっ放しにせず、

日本語訳と1文1文照らし合わせて確認したら、

自分でスラスラ訳せるまで何度も音読しましょうね。

 

中学生のうちはなかなかこの重要性を

理解してくれないんですが、

やるとやらないとでは必ず「差」が生まれます。

 

 

私の文章が長文になってしまいました( ;∀;)悪い癖

 

今日はこの辺で。