こんにちは。

今回は、特に毎回の定期テストや

入試対策に追われている学生たちが

必ず一度は考えるであろう疑問について

私なりの考えを書きたいと思います。

それは、

「なぜ勉強しなきゃいけないのか。」

きっと皆さん思いますよね。

なんで勉強しなきゃいけないの?(ーー;) と。

私も学生の頃はめっちゃ思ってました。

「勉強なんてクソつまらん」って。( ;∀;)キライ

私は中学受験をし、

その後中高一貫校だったので

高校入試がありませんでした。

それに甘んじた結果、

特に中学2年生から高校1年生までは

1ミリも勉強をした記憶がありません。

「勉強しろ」、「なんだこの点数は」と

呆れる先生や親に反抗し、

まともに授業を受けた記憶が本当にないんですね。

そんな私も周りのみんなが受験モードになり、

焦りを感じて本格的に勉強を始めたのが

高校2年生の夏前でした(゚д゚)オソ。

しかし、今大人になり、

様々な人に会い、そしてこの仕事をしながら、

改めて「なぜ勉強しなきゃいけなのか」

ということについて考えてみると、

とてもシンプルな答えにたどりつきました。

勉強で身につける知識ももちろん大事です。

特に医者や技術者など

理系の仕事に就きたい人は、

理系科目の知識は必須ですね。

ただ、文系の私は知識よりも、

勉強によって身につけるべき、

もっと大切なことがあると思います。

それは、

「自分と戦う力」です。

たとえば想像してみて下さい。

君たちのお父さん、

お母さんが仕事を「ダルイ」といって

サボっていたらどう思いますか?

暇さえあればケータイをいじり、

You tubeを見て、

知り合いとlineをしていたら

どう思いますか?(-。-)y-゜゜゜

また遅刻の常習犯で

毎回上司から怒られていたらどう思いますか?

たとえそれが自分の親であっても

「この人、大人でしょ?

仕事中なのに大丈夫?

ヤバくね~か?」って思いません?

でもね。

現実世界、

本当にいるんですよ、

そういう人(゚д゚)エ

「さすがに大人になったら

そんなことする人いないだろ~」

って思うかもしれませんが、

私は本当にそういう人たちを

目の当たりにしてきました。

たくさんいます。

ここで一つ。君たちが、

「大人になったら何かが変わる」

と思っていたら大間違いです。

考えてみて下さい。

今中学生の子は小学生の自分と比べて、

自分の中で何かが大きく変わりましたか?

今高校生の子は中学生の自分と比べて、

自分の中で何かが大きく変わりましたか?

変化しているのは周りの環境だけで、

自分自身はなかなか変わらないものです。

だから、ハッキリ言います。

今の自分の勉強に対する姿勢、

部活に対する姿勢、人に対する姿勢、

それがそのまま君たちの「大人の姿」になります。

だから君たちは今、試されているんです。

試されているのは知識の量ではありません。

(実際、私は今生きていくうえで

古典の知識や化学の知識がないことに困っていません。)

毎回の宿題や定期試験は

本当に面倒くさいし、ツラく、

大変なことだと思いますが、

「それに向き合っていく力」

を試されているんです。

友達と遊びたいし、

テレビやYou tubeも見たいし、

部活で疲れていて眠いし、

苦手科目にどうしても取り組みたくないのも

本当に分かります。大変だと思います。

でもね、「やるっきゃね~、うりゃ~!」

って覚悟を決めて、

楽をしたい、遊びたい、寝たい、

そんな自分自身と戦う力を磨いていくんです。

自分と向き合う力のある人、

自分を律して、

常に目標のために

何か行動をしている人はとても魅力的です。

それが子供であろうと、

そういう子を見ると

「俺も頑張らなきゃ」と身が引き締まります。

今この瞬間から、

君たちの5年後、

10年後、20年後を

創り上げていってください。

今日はこの辺で。