大学共通テスト 英語について

こんにちは。

大学共通テストの英語、変わりましたね~。

リーディングもリスニングもTOEICの試験に似ていますね。

国立二次の問題とタイプが全然違うから、
国立狙ってる子は評論とか堅苦しい文章の精読力と、
チラシとかから情報集めながら読む速読力が必要ですね。
(つまり、オールマイティーに対応できる力が必要)

学校や塾で使っている参考書の長文問題で、問題を解き、
解答見ながら精読し、音読練習して読む速度上げる練習することが大切ですね。

私は何度も生徒達に繰り返し伝えていますが、
英語を音読するとしないでは長期的に見ると圧倒的差が生まれます。

また今回からリーディングとリスニングの配点が一緒になったからリスニングの練習にも意識が必要です。

リスニング力はいきなり上がることは絶対にないから無いので、前もって練習しとかないと手遅れになります。

4月から高3になる子はもちろんですが、
高2、高1の子も少なくとも週2回以上はリスニングの練習した方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

当たり前